起業、不動産、ビジネスなど コンサルティング依頼は具体的あること。

FrontPage

コンサルティングへの依頼  

依頼前のポイント

  • 一般的に外部にコンサルティングを依頼するにあたり、費用などはどのくらいかかるか?
  • 相談にあたっての手順手続き方法、
  • 心がけておくべきポイントなどを紹介します。

異なる報酬支払い方法

  • コンサルティング報酬は、不動産等の手数料と異なり、コンサルタント依頼内容や業務種別の内容によって実に様々です。
  • 月額、プロジェクト単位、1時間単位、成功報酬の支払い方法があります。
  • 金額はまさに、にコンサルタントによってさまざまで定額はありません。
  • 全体的には、金額に応じてコミットメント度合いが変わるというのが一般的かと思います。頻繁にミーティングをし、アウトプット-資料を作成する等になると当然金額が高くなります。
  • また、要する日数、業務時間によっても変わります。

コンサルティング報酬方式

  • 通常、次のような報酬支払い方式があります。
    • 一回の相談案件に対して、1案件/1回払い方式
  • 顧問契約方式
    • 一定期間の契約を定め、月額報酬金額で契約する方式
  • 案件について成功報酬方式
    • 相談の案件成功した場合に、契約金額を支払う方式

コンサルタントに依頼する前に

  • コンサルタントを使う際に、一番大切なのは、「どんなサポートをしてほしいか」を具体的にする。
  • 明確にできない場合は可能な限りイメージ作りして、コンサルタントに相談する。
  • コンサルタントはあくまでも仕事の内容で報酬を決めていく場合が多いため。

コンサルティング依頼のケース

  • 問題点が明らかでなく、解決策も分からない
  • 「どうすればよいか」といった抽象的ではっきりした解決方向がない。
  • 問題の部分は「こうしたところ」と明確だが、解決策が見つからない。
  • 問題の部分が明らかで、解決の糸口がある。
  • さらに1歩進んで業務を拡大したい。

基本的なコンサルティング

  • 費用基本的にコンサルティング費用は個別見積りです。
  • コンサルティング案件の内容から、作業項目、作業工数、参加メンバーなどを検討し、コンサルティング費用を見積もります。
  • まずは最初に、一度顔を合わせてミーティングすることから始まります。
  • ミティングはコンサルティングテーマ、問題点、コンサルティング費用などについて。
    その後コンサルティングに関するご提案をする、ことになります。

例えば新規事業を例にとると

  • 新規事業を始める時、コンサルティングを受ける場合、以下の事項を調べておくべきです。
  • 新規事業の内容が明確になっているのか、いないのか。
  • マーケットのニーズを把握しているのか、いないのか。
  • 社内の現リソースを使い、調整するのか、新たな人材を求めるのか
  • 新規の事業を開始する時期は決定されているのか

*これを十分に調べておかないと、コンサルタントに依頼しても内容も伝達できない。
*相談もスムーズに進まないし、コンサルティングする側も意図が把握できない。
ことになります。

コンサルティング後の成果

  • 業界のビジネス進んだ対策を考えるよりも、コンサルティングを行なった結果として今より何が、どう変わるのか、ビジネスをどうしていくのか
  • それを実施してどれだけお金が儲かるのか、社員は今までとは違い、どう働いて実現させるのか、を明らかにする。
  • 実現可能できなければコンサルティング依頼した成果はえられない。

コンサルティングによって、

  • 問題の構造を明らかにされている。
  • 何をどのような過程で進めるか明らか。
  • どのように進めて、実行していけばよいかが明確。
  • 目的を達成できるか、明らかになっている。
  • 即、実施すべき具体的なステップがプランできていること。など

コンサルティング関連通販カタログ

●●● コンサルティング関連の実務ハンドブック・講座など ●●●

powered by Quick Homepage Maker 4.23
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional